アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

講演会

【2019年7月14日講演会】ヌソ(犬ぞり)から考えるアイヌ文化の復興を開催しました

2019年7月14日

北海道大学総合博物館 講演室 知の交差点で、第10回博物館研究会講演会『ヌソ(犬ぞり)から考えるアイヌ文化の復興』を開催しました。

多数様のご来場、ありがとうございました。

第10回博物館研究会講演会『ヌソ(犬ぞり)から考えるアイヌ文化の復興』の記事はこちら
2019年7月30日(火)

2019年7月26日 出前講座「アイヌ文化入門」を行いました。

2019年7月26日、出前講座「アイヌ文化入門」を行いました。

  • 日時:2019年7月26日 10:45~12:15
  • 講師:山崎幸治(北海道大学アイヌ・先住民研究センター准教授)
  • 会場:龍谷大学 深草キャンパス 和顔館201(京都市)

開催にあたり、龍谷大学国際学部の友永雄吾准教授にご協力いただきました。 記して感謝申し上げます。

2019年7月30日(火)

帯広百年記念館 巡回講座をおこないました。

  • 2019年7月20日(土)14時~16時
  • 帯広百年記念館にて巡回講座をおこないました。

考古学から見たアイヌ文化の成立

講師:長沼 正樹 准教授(北海道大学アイヌ・先住民研究センター)

考古学は、文献資料のない過去の歴史を長期にわたって調べることができる一方で、「考古学的文化」の考え方は誤解を招きやすく、アイヌ民族は先住民族ではないとの誤った主張に悪用されることもあります。そこで考古学の方法を説明した上で、アイヌ文化の形成をめぐるいくつかの学説を紹介して検討しました。考古学からみると、アイヌ文化は特定の年代に突如として現れたのではなく、長い時間をかけて徐々に形成されたと言えます。


2019年7月22日(月)

【終了しました】【講演会】グリーンランドとアイヌの狩猟文化

2019年2月15日(金) 北海道大学総合博物館 1階 知の交流 にて

グリーンランドとアイヌの狩猟文化:環境保全と文化継承の取り組みから

終了いたしました。多数様にご来場いただき、ありがとうございました。

講演会記事はこちら

会場のようす

会場のようす

杉山 慎(北海道大学低温科学研究所 教授)

杉山 慎(北海道大学低温科学研究所 教授)

大島 トク(グリーンランド・カナック村 猟師)

大島 トク(グリーンランド・カナック村 猟師)

北原 モコットゥナㇱ(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授)

北原 モコットゥナㇱ(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授)

近藤 祉秋(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 助教)

近藤 祉秋(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 助教)

椎久 慎介(標津アイヌ協会・漁師)

椎久 慎介(標津アイヌ協会・漁師)

山丸 賢雄(アイヌ民族文化財団・伝承者育成事業 アシスタントティーチャー)

山丸 賢雄(アイヌ民族文化財団・伝承者育成事業 アシスタントティーチャー)

座談会のようす

座談会のようす

展示のようす

展示のようす

展示のようす

展示のようす

展示のようす

展示のようす

展示のようす

展示のようす

2019年2月20日(水)

帯広百年記念館 巡回講座をおこないました。

  • 2019年1月19日(土)14時~16時
  • 帯広百年記念館にて巡回講座をおこないました。

北海道150年の光と影 ~「開拓」の捉え方~

講師:谷本 晃久 教授(北海道大学文学研究科/アイヌ・先住民研究センター)

北海道に広がる美しい農地の風景から何を読み取るか?その影には開拓移住者 の苦労とともに、アイヌ民族の受けた、強制移住やマイノリティ化に伴う社会経 済的不利益の歴史があることを忘れてはなりません。

また、150年前に松浦武四郎の提案した道名・国名に込められた意味を、武四郎 の経歴や志士としてのスタンスを踏まえて検討すると、「アイヌ民族との共生」 という一般的なイメージとはやや異なった姿もみえてきます。

それらを踏まえ、「北海道」150年の歴史をどう振り返り共有していくかについ て考えました。


2019年1月21日(月)

【終了しました】2018年9月22日ジェイムズ・クリフォード氏講演会

2018年9月22日ジェイムズ・クリフォード氏講演会「Indigeneity Today: The Historical Conjuncture 今日の先住民性――歴史的状況」を開催しました。多数様にご来場いただき、ありがとうございました。 シンポジウム記事はこちら
2018年9月25日(火)

【終了しました】2018年9月22日(土)ジェイムズ・クリフォード氏講演会

  • Indigeneity Today: The Historical Conjuncture
  • 今日の先住民性――歴史的状況

【講演者】

  • James Clifford (University of California, Santa Cruz. Distinguished Professor)
  • ジェイムズ・クリフォード 氏
  • (カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校・特別功労教授)
  • 通訳:太田 好信(九州大学大学院比較社会文化研究院・教授)

【要 旨】

1980年代以降、「先住民性」を社会、文化、政治運動の緩やかな集合体として考えたとき、それはトランス・ナショナルな存在として出現したといえる。この出現により、コロニアリズムの歴史が姿を変え、活発に継続していることが認識可能になる。時間としての均質さを欠く現在において、これまでとは異なった過去、そして予定調和的ではない未来を想像するのは、喫緊の政治課題の一つといえよう。しかし、その課題は、ナショナルであり、そしてトランス・ナショナルでもある支配と転覆、占有と翻訳という諸関係のなかに必然的に絡み取られている。土着と呼ばれている人びとは、都市に生活し、そして大陸と大陸との狭間に生きる。この講演では、ネオ・リベラル資本のネットワークに参加しつつも、それに挑戦し、それを超える先住民的実践を十分に説明できる歴史的「リアリズム」の可能性を、わたしは模索してみたい。

【日 時】

  • 2018年9月22日(土)
  • 13:30~15:30(開場13:00)

【場 所】

  • 北海道大学人文・
    社会科学総合教育研究棟(W棟)
  • 2階 W203教室
  • (札幌市北区北10条西7丁目 北海道大学構内)
  • ※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

参加無料・申込不要・逐次通訳

【主催・お問い合わせ】

このたびのジェイムズ・クリフォード博士の来日に際し、上記の講演会に続いて、福岡で開催されるWSSF 2018(World Social Science Forum 2018)での学会発表および、大阪の国立民民族学博物館での講演が予定されております。詳細は、各HPをご参照ください。

2018年8月6日(月)

月例公開講座『アイヌを学ぶ⑤』開催しました

昨年度開催した無料公開連続セミナー『アイヌを学ぶ』は、月例公開講座『アイヌを学ぶ』に変わりました。

事前のお申込みは必要なく、どなたでも聴講できます。どうぞ気軽にご参加ください。


  • 月例公開講座『アイヌを学ぶ⑤』
  • アラスカの狩猟と食文化

アラスカ先住民の狩りや魚捕り、伝統的な食文化について、写真や映像を交え、わかりやすくお話します。つづいて、アイヌ民族の事例との比較もしながら、狩りの習わしを次世代に伝える取りくみを紹介します。

  • (参加無料・申込不要)

    【講師】

  • 近藤 祉秋 (北海道大学アイヌ・先住民研究センター 助教)

    【日時・場所】

  • 2016年11月29日(火)
  • 18:30~20:00(開場18:20)
  • 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)203教室
  • ※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

    【主催・お問い合わせ】

  • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター
  • TEL/FAX 011-706-2859
  • E-Mail ainu[at]let.hokudai.ac.jp
2016年11月7日(月)

2016年10月26日(水)月例公開講座「アイヌを学ぶ」特別篇
講師 ジェイムズ・タリー「近代政治学と先住民族問題」を開催しました。

たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。 タリー教授には、カナダの先住民をめぐる政治の展開を「承認」「和解」「再生」の概念にそってお話いただきました。コメンテイターの加藤教授には、日本の政治学が先住民問題にとりくむうえでの課題についてお話いただきました。

昨年度開催した無料公開連続セミナー『アイヌを学ぶ』は、月例公開講座『アイヌを学ぶ』に変わりました。

事前のお申込みは必要なく、どなたでも聴講できます。どうぞ気軽にご参加ください。


  • 月例公開講座『アイヌを学ぶ』特別篇
  • 近代政治学と先住民族問題

すべての人の自由と尊厳をかかげる近代の政治学は、先住民族に何をもたらし、また、どのような問題をはらんでいたのか。

政治学とデモクラシーの過去をふりかえり、未来を展望します。

  • (参加無料・申込不要・通訳付き)

    【講師】

  • ジェイムズ・タリー (カナダ・ヴィクトリア大学名誉教授)
  • コメンテーター: 加藤 節 (成蹊大学名誉教授、元・政治思想学会代表理事)
  • コメンテーター: 辻 康夫 (北海道大学アイヌ・先住民研究センター教授)
  • 通訳: 飯田 文雄 (神戸大学教授)

    【日時・場所】

  • 2016年10月26日(水)
  • 18:00~20:30(開場17:30)
  • 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)409号室
  • ※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

    【主催・お問い合わせ】

  • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター
  • TEL/FAX 011-706-2859
  • E-Mail ainu[at]let.hokudai.ac.jp
2016年9月28日(水)

2016年6月21日榊原氏講演会
Singing for the Whales: Environmental Change and Cultural Resilience among the Inupiat of Arctic Alaska (アラスカの先住民 イヌピアットに関する講演)

アラスカの先住民であるイヌピアットについて、オーバリン大学助教の榊原千絵さんの講演を行いました。

気候変動の影響を大きく受けているアラスカ・北極海沿岸のバロー村とポイントホープ村の事例を中心として、イヌピアットの人々が伝統的な生業としてきた捕鯨の文化的重要性、歌などの民族芸術との関わり、および海氷の減少や塩分濃度の希釈化が狩猟活動に悪影響を与えている現状が紹介されました。また、榊原氏は、自身の造語であるcetaceousness(cetaceans鯨類+consciousness意識)概念を提示し、イヌピアット社会におけるヒトとクジラの一体感(連続性)を強調するとともに、調査者が現地社会と長期的なパートナーシップを築き、恊働的に調査をおこなう姿勢が必要とされていることを改めて指摘されました。講演は捕鯨をとりまく困難な状況をつぶさに報告しながらも、イヌピアットの人々が文化的生存への希望を失わず、気候変動を生き抜こうとする彼らのレジリエントなあり方に焦点をあわせたものであった。報告の後、伝統的な歌の録音資料を現地へ返還する取り組みや、自然科学者との対話可能性、動物の権利論への対応など、さまざまな角度からの活発な質疑応答がなされ、講演会は盛況のうちに閉会しました。


2016年6月23日(木)

2016年6月18日、巡回講座「十勝地方のアイヌ語について」を行いました。

2016年6月18日、巡回講座「十勝地方のアイヌ語について」を行いました。 日時:6月18日(土) 14:00~15:30 講師:高橋 靖以(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 博士研究員) 会場:帯広百年記念館 2号室(帯広市緑ヶ丘2番地) 十勝地方のアイヌ語の特徴について、音声資料などを用いて紹介しました。また、アイヌ語の今後の継承に向けた取組みについてお話ししました。 北海道大学アイヌ・先住民研究センター 巡回講座 帯広百年記念館 博物館講座 道民カレッジ連携講座
2016年6月21日(火)

【終了しました】
2016年3月4日 佐々木 利和 講演会『アイヌを描いた絵からわかること』

たくさんのご来場ありがとうございました。  

【講演会の情報】

当センター客員教授の佐々木 利和 先生よりご講演いただきます。 アイヌを描いた絵からわかること 史料だけにとどまらない「アイヌ絵の世界」の魅力―

※参加無料・申込不要

【日時】

平成28年3月4日(金) 18:30~20:00(18:00開場)

【会場】

北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 (W棟)202教室 ※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

【お問い合わせ】【主催】

北海道大学アイヌ・先住民研究センター TEL/FAX 011-706-2859 E-Mail ainu[at]let.hokudai.ac.jp

【講師紹介】

佐々木 利和(ささき としかず) 東京国立博物館、文化庁、国立民族学博物館などを経て2010年から当センター教授。2012年から14年までの特任教授を経て現職。

2016年2月9日(火)

【終了しました】瀧口 夕美 氏
「民族衣装を着なかったアイヌ 先住民にとっての伝統と現代」

瀧口 夕美 氏 講演会を開催しました。 お足下の悪いなか、たくさんのご来場ありがとうございました。  

【講演会の情報】


アイヌ民族をはじめとする先住民には、しばしば「多数派とどこが同じで、どこが違うか」あるいは「現代の暮らしのなかで固有の伝統をどう守るのか」などの問いが投げかけられます。講師の瀧口氏は自らもアイヌとしてそうした問いに向きあいつつ、自身につながる数名の先住民女性にインタビューをおこない、一冊の本にまとめました。現在に至るまでの彼女たちの多様な暮らしぶりや、自らの「民族性」「伝統」とどのように向き合ってきたかについてお話しいただきます。

※参加無料・申込不要

ポスターPDFはこちら
  • 【日時】2016223日() 18:3020:00(開場18時)
  • 【会場】北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)103教室 ※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。
  • 【講師】瀧口 夕美
  • 【主催・お問い合わせ】 北海道大学アイヌ・先住民研究センター TEL/FAX 011-706-2859 E-Mail ainu[at]let.hokudai.ac.jp

  • 【講師プロフィール】
  • 編集者。1971年、北海道、阿寒湖畔のアイヌ・コタンに生まれる。明治学院大学を卒業後、編集業に携わる。
  • 【編著書】
  • 瀧口 夕美 『民族衣装を着なかったアイヌ ―北の女たちから伝えられたこと』 編集グループ SURE, 2013年. 中川 裕 『アイヌ語のむこうに広がる世界』(シリーズ<この人に会いたかった>第5巻) 編集グループ SURE, 2010年.

2016年1月15日(金)

終了しました 6月12日講演会】
アイヌの歌人・違星北斗の生涯とその思想の変化について">【終了しました 6月12日講演会】
アイヌの歌人・違星北斗の生涯とその思想の変化について

講演の様子 山科 清春 氏 ご来場ありがとうございました。非常に内容の濃いご講演をしてくださり、時間いっぱいお話いただいてもまだまだ聞きたいというご来場者の方々の声を多数いただきました。
  違星北斗研究会代表の山科 清春 氏をお招きし、講演していただきます。 【概要】 余市町出身のアイヌの歌人・違星北斗(いぼしほくと 1901~1929)の生涯と活動について紹介します。違星は小学校卒業後、漁業や出稼ぎ労働に従事しながら、アイヌ青年の修養団体結成にかかわるなどアイヌの地位向上に向けた活動を開始し、上京・帰郷によって多くの人々を知る中で思想上の転機を経験しました。本講演では、違星が活動した時代背景や作品を理解する上でのポイントを分かりやすく紹介していただきます。 【PDF】ちらし アイヌの歌人・違星北斗の生涯とその思想の変化について
  • 日時:2015612日()18:00開場 18:30~20:00
  • 会場:北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟 (W棟) 202教室
  • 講師:山科 清春(違星北斗研究会代表)
  • 参加無料・申込不要
  • ※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください

  • 【主催・お問い合わせ】
  • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター
  • TEL/FAX 011-706-2859
  • E-Mail ainu[at]let.hokudai.ac.jp
2015年5月20日(水)

※終了しました【2015年2月21日】津田 命子 先生 博士号取得記念講演会

多数様のご来場ありがとうございました。 作り手の視点からの衣服および文様制作の技術史から製作体験や作り手の楽しみについてなど、ユニークな内容のご講演をしていただきました。 講演会ご紹介記事はこちら
津田先生

津田 命子 先生

 
講演会の様子

講演会の様子

2015年2月23日(月)


ページの先頭へ戻る