活動記録

その他

【終了しました】【2015年1月31日・2月1日】報告会 アイヌ語の未来を考える

  • 【申込不要・参加無料】
文化庁委託事業 アイヌ語の保存・継承に必要なアーカイブ化に関する調査研究報告会

アイヌ語の未来を考える


20150131_0201_illust_c
– 音声資料をいかに活用していくか –

文化庁ではアイヌ語音声資料のデジタル化・アーカイヴ作成のための調査研究事業を進めています。平成25年度からは、平取町立二風谷アイヌ文化博物館の資料を対象に、町内外の関係者と千葉大学の協力を得ながら、基礎的な整理作業と研究を行いました。この資料は、同町教育委員会が故萱野茂氏に調査員を委嘱して昭和44年に記録したもので、6名の語り手はいずれも沙流川流域に暮らした流暢なアイヌ語話者です。

本報告会では、アイヌ口承文芸の魅力や、萱野氏の調査活動を紹介するとともに、この間の成果を取りまとめてお知らせします。

  ちらしはこちら(2015年1月31日_2月1日_アイヌ語の未来を考える)

報告者・講演者

鈴木 仁也 鈴木 仁也 関根 健司 関根 健司 中川 裕 中川 裕 萱野 志郎 萱野 志朗
 

2015年1月31日会場地図サムネイル1日目

2015131日(土) 13:00~16:00(開場12:30) 北海道大学 学術交流会館 第1会議室 (札幌市北区北8条西5丁目北海道大学)  

2015年2月1日会場地図サムネイル2日目

201521日(日)

13:00~16:00(開場12:30)

沙流川歴史館レクチャーホール

(北海道沙流郡平取町字二風谷227番地2)

 

– TIME TABLE –

13:00 開会挨拶 13:05 概要説明 鈴木 仁也 国語調査官

「アイヌ語の保存・継承に係る文化庁の取組」

13:25 報告 関根 健司 氏「調査・研究の成果について」 13:40 講演 中川 裕 教授「アイヌ口承文芸と音声資料」 14:40 休憩 14:50 講演 萱野 志朗 氏「沙流のアイヌ口承文芸 -萱野茂による記録-」 15:45 質疑・応答 16:00 閉会
  • 【主催】
  • 文化庁、国立大学法人千葉大学、 国立大学法人 北海道大学 アイヌ・先住民研究センター、平取町教育委員会
  • 【お問い合わせ】
  • 北海道大学 アイヌ・先住民研究センター
  • TEL: 011-706-2859 / E-mail: ainu[at]let.hokudai.ac.jp
  • 平取町教育委員会
  • TEL: 01457-2-2892
2014年12月25日(木)

2014年11月22日~24日 筑波大学にて集中講義を開催しました


集中講義の様子1 筑波大学人文・文化学群(伊藤眞学群長)では、グローバルに活躍しうる人材として異文化に対する理解力とともに日本文化の発信力を備えた人材を育成するため、平成24年度よりグローバル人材養成講座を設けて、国際性および学際性を重視した教育プログラムを展開しています。同プログラムでは、英語や各地域の言語の充分な運用能力を身につけることはもちろん、世界における日本人として、日本の歴史、文化、社会に関する基礎的知識、日本の近代化に関する深い理解を身につけること等も求められています。
当センターは、「日本近世社会史・北方史」を研究しておられる同学群教育課程委員長の浪川健治教授から、日本の歴史、文化、社会に関する基礎的知識として身につけておくべきアイヌ民族の歴史、文化、社会に関する講座を開講したいとのご提案をいただき、平成24年度より集中講義を担当させていただいています。
集中講義の様子2 今年度は、11月22日から24日までの日程で、落合研一准教授が「グローバル人材養成講座XI」を担当させていただきました。近世までのアイヌ民族に関連する史実、江戸時代の蝦夷地調査の記録に遺されているアイヌ文化、近代化を急いだ明治政府による北海道統治とアイヌ民族に対する影響などを概観するとともに、現在のアイヌ民族の実情、近年のアイヌ民族をめぐる政治的動向などを紹介しました。また、先住民族政策に関連する政治学の諸理論、日本国憲法の保障している権利の性質などに留意しつつ、先住民族であるアイヌ民族に関する施策の可能性について検討しました。1年次から4年次まで、様々な学部に属する42名の学生が履修し、好天に恵まれた週末であったにもかかわらず、連日とても熱心に受講してくれました。
北海道外、とりわけ関東圏の大学において、アイヌ民族に関する理解を深めるための講座を設けていただいている筑波大学人文・文化学群および熱心に受講してくれた学生の皆さんに感謝いたします。
2014年12月9日(火)


ページの先頭へ戻る