アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

シンポジウム

2014年3月23日、ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』を開催しました。

湯京平(国立政治大学社会科学院副院長、政治学系教授)孫振義(国立政治大学地政学系准教授)陳彥安(国立政治大学地政学系研究生)陳建宏(国立政治大学地政学系研究生)蘇芳儀(国立政治大学地政学系研究生)ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』甯方璽(国立政治大学地政学系助教)蔡名曜(国立政治大学地政学系研究生)曾正男(国立政治大学応用数学系助教)官大偉(国立政治大学民族学系助教)ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』王雅萍(国立政治大学民族学系准教授)宋神財(台湾国家科学委員会計画顧問)宋峻杰(国立政治大学非常勤研究員)ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』 写真をクリックすると画像が拡大されます。 2014年3月23日、ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』を開催しました。 (さらに…)
2014年3月23日(日)

2014年1月28日~29日、国際ワークショップ『伝統知、記憶、情報、イメージの再収集と共有――民族誌資料を用いた協働カタログ制作の課題と展望』を行いました。

国立民族学博物館における国際ワークショップ-1国立民族学博物館における国際ワークショップ-2国立民族学博物館における国際ワークショップ-3 2014年1月28日~29日、国立民族学博物館にて国際ワークショップ『伝統知、記憶、情報、イメージの再収集と共有――民族誌資料を用いた協働カタログ制作の課題と展望』を行いました。 (さらに…)
2014年1月29日(水)

2014年1月26日、国際シンポジウム『アイヌ・アートが担う新たな役割 ―米国先住民アートショーに学ぶ』を行いました。

山崎幸治(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授)伊藤敦規(国立民族学博物館 助教)ロバート・ブルーニグ(北アリゾナ博物館 館長)ジム・イノート(ズニ博物館 館長)右側:オクテイビアス・シオゥテワ(ズニ宝飾品作家・宗教的指導者)貝澤和明(社団法人北海道アイヌ協会 民・工芸品担当)コメントおよびディスカッション『アイヌ・アートが担う新たな役割 ―米国先住民アートショーに学ぶ』『アイヌ・アートが担う新たな役割 ―米国先住民アートショーに学ぶ』 2014年1月26日、国際シンポジウム『アイヌ・アートが担う新たな役割 ―米国先住民アートショーに学ぶ』を行いました。 (さらに…)
2014年1月26日(日)

2013年12月14日、国際シンポジウム「中国における民族法と民間慣習法」が行われました。

2013年12月14日、国際シンポジウム「中国における民族法と民間慣習法」が行われました。 (さらに…)
2013年12月14日(土)

2013年11月15日~17日、北海道大学サステナビリティ・ウィーク2013 国際シンポジウム『先住民文化遺産とツーリズム-生きている遺産の継承と創造-』について、下記の方々に報告していただきました。

2013年11月15日~17日、北海道大学サステナビリティ・ウィーク2013 国際シンポジウム『先住民文化遺産とツーリズム-生きている遺産の継承と創造-』について、下記の方々に報告していただきました。
(さらに…)
2013年11月17日(日)

2013年8月11日、研究フォーラム『アイヌ口承文芸の多様性と連続性』を開催し、下記の方々に報告していただきました。

丹菊 逸治(アイヌ・先住民研究センター 准教授)北原 次郎太(アイヌ・先住民研究センター 准教授)田村 雅史(北海道立アイヌ民族文化研究センター)『アイヌ口承文芸の多様性と連続性』会場の様子『アイヌ口承文芸の多様性と連続性』 2013年8月11日、研究フォーラム『アイヌ口承文芸の多様性と連続性』を開催し、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2013年8月11日(日)

2012年12月9日、『台湾原住民族政策の理念と現状 個人認定・言語復興・文化公園を中心に』について、下記の方々に報告していただきました。

常本 照樹(北海道大学アイヌ・先住民研究センター長)林修澈 (国立政治大学原住民族研究センター長)黄 季平 (国立政治大学民族学系 副教授)鍾 興華 [Calivat GADU](台湾原住民族文化園区管理局長)会場の様子台湾原住民族政策の理念と現状 個人認定・言語復興・文化公園を中心に 2012年12月9日、『台湾原住民族政策の理念と現状 個人認定・言語復興・文化公園を中心に』について、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2012年12月9日(日)

2012年10月13日~14日、北海道大学サステナビリティ・ウィーク2012 国際シンポジウム『先住民文化遺産とツーリズム-北海道の可能性-』について、下記の方々に報告していただきました。

2012年10月13日~14日、北海道大学サステナビリティ・ウィーク2012 国際シンポジウム『先住民文化遺産とツーリズム-北海道の可能性-』について、下記の方々に報告していただきました。なお、10月15日に北大構内にてヘリテージツアーを行いました。
(さらに…)
2012年10月15日(月)

2012年8月11日、『ニュージーランドとカナダの先住民族政策』について、下記の方々に報告していただきました。

デス・カホテア(マオリ文化遺産考古学コンサルタント)加藤 博文(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 教授) ブラッドフォード・モース(ニュージーランド・ワイカト大学法学部長)常本 照樹(北海道大学アイヌ・先住民研究センター長)パネル・ディスカッション国際シンポジウム「ニュージーランドとカナダの先住民族政策」 2012年8月11日、『ニュージーランドとカナダの先住民族政策』について、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2012年8月11日(土)

2011年11月2日、『先住民族と教育』について、下記の方々に報告していただきました。

先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育先住民族と教育 2011年11月2日、『先住民族と教育』について、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2011年11月2日(水)

2011年11月1日、『北方のツーリズムと景観』について、下記の方々に報告していただきました。

北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観北方のツーリズムと景観 2011年11月1日、『北方のツーリズムと景観』について、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2011年11月1日(火)

2011年9月17日、『民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較-』について、下記の方々に報告していただきました。

民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較-民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較-民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較-民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較-民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較-民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較-民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較- 2011年9月17日、『民族共生の象徴空間 -日本と海外の比較-』について、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2011年9月17日(土)

2011年3月6日、アイヌ・先住民研究センター共催シンポジウム『今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-』について、下記の方々に報告していただきました。

今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして- 2011年3月6日、アイヌ・先住民研究センター共催シンポジウム『今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-』について、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2011年3月6日(日)

2011年1月18日、『先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-』について、下記の方々に報告していただきました。

先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践- 2010年1月18日、『先住民族の文化資源と知的財産-その理論と実践-』について、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2011年1月18日(火)

2011年1月17日、『先住民族の知的財産 国際プロジェクトが目指すもの』について、下記の方々に報告していただきました。

先住民族の知的財産 国際プロジェクトが目指すもの先住民族の知的財産 国際プロジェクトが目指すもの先住民族の知的財産 国際プロジェクトが目指すもの先住民族の知的財産 国際プロジェクトが目指すもの先住民族の知的財産 国際プロジェクトが目指すもの 2011年1月17日、『先住民族の知的財産 国際プロジェクトが目指すもの』について、下記の方々に報告していただきました。 (さらに…)
2011年1月17日(月)


ページの先頭へ戻る