アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

活動記録 - ci=ki rok pe

2017年6月24日「古写真を手に昭和の二風谷を歩こう」終了しました。

現在開催中の企画展、「二風谷、昭和おみやげ物語」の関連イベント、「古写真を手に昭和の二風谷を歩こう」を終了しました。 ナビゲーターの貝澤雪子氏と参加者の皆様と、なごやかに会話を楽しみながら二風谷の町を歩くことができました。天候にも恵まれ、たくさんの方にご参加いただきました。ありがとうございました。 なお、企画展「二風谷、昭和おみやげ物語」は7月9日(日)まで開催しております。 近くにお立ち寄りの際はぜひお越しください。 「二風谷、昭和おみやげ物語」についてはこちら
2017年6月29日(木)

2017年7月25日(火)アイヌを学ぶ③開催しました。

  • 月例公開講座2017『アイヌを学ぶ③』
  • 「アイヌ」のモノとイメージ
「アイヌ」のモノづくりは、時代のなかで変化しつづけています。 また、その語られ方も変化しつづけています。 今回は、「アイヌ」のモノにまつわるイメージについて考えてみたいと思います。

※参加無料・申込不要

講師

  • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授
  • 山崎 幸治

日時

  • 2017年7月25日(火)
  • 18:30~20:00(開場18:20)

場所

  • 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)103教室
  • ※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

主催・お問い合わせ

2017年6月28日(水)

【企画展】二風谷、昭和おみやげ物語スタート


  • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター サテライト企画展
  • 二風谷、物語

  • 6月10日~7月9日 開催中です!!
「二風谷、昭和おみやげ物語」スタートしました。7月9日(日)まで、二風谷工芸館にて開催中です。昭和の「北海道観光ブーム」の時期に制作されたお土産品(約300点)と、当時の二風谷の風景や観光の様子をうかがい知ることができる地域に保管されていた写真(約40点)を展示しています。 4日間かけておこなった準備作業中にも多数のお客様がご覧くださり、好評をいただきました。入館料は無料となっております。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
展示風景(二風谷工芸館)

展示風景(二風谷工芸館)

ところ狭しと、お土産品が並ぶ

ところ狭しと、お土産品が並ぶ


  • 6月24日(土)午後1時~午後2時 関連イベント
  • 「古写真を手に昭和の二風谷を歩こう」

展示写真をご提供いただいた貝澤雪子氏をナビゲーターに迎え、展示写真を手掛かりに現在の二風谷を歩きながら、昭和の二風谷についてお話しをうかがいます。同日は第7回ウレㇰレク(平取アイヌ協会青年部主催)も開催されます。ぜひ合わせてご参加ください。
  • 6月24日(土)午後1時
  • 二風谷工芸館 集合

参加無料・申込不要

二風谷、昭和おみやげ物語の詳細はこちら
2017年6月13日(火)


ページの先頭へ戻る