これから開催する企画の情報や各種お知らせなどセンターの今を伝えます

センターからのお知らせ - sonko

【2020年3月8日】講座&ワークショップ 中止のお知らせ

 

講座&ワークショップ 中止のお知らせ

 


北海道大学 アイヌ・先住民研究センター
2019年度 講座&ワークショップ


先住民女性はどのように文化を継承するか

― 台湾の経験から学ぶ ―


 

表題の件につきまして、新型コロナウイルスの感染拡大、札幌市内にて市中感染とみられる患者が発生したこと、また海外からのご高齢の登壇予定者の健康に配慮し、検討いたしましたところ、大変遺憾ながら3月8日(日)に予定しておりました講座&ワークショップを中止させていただくことになりましたので、お知らせいたします。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

北海道大学 アイヌ・先住民研究センター

2020年2月21日(金)

【2020年2月26日】国際シンポジウム 延期のお知らせ

 

国際シンポジウム延期のお知らせ

 


北海道大学 アイヌ・先住民研究センター
2019年度 国際シンポジウム


変化の時代における先住民の食料主権

– 生業・食文化研究の最前線 –


 

表題の件につきまして、新型コロナウイルスの感染拡大、札幌市内にて市中感染とみられる患者が発生したこと、また海外からの登壇予定者の一部が日本への渡航を取りやめたことから、検討いたしましたところ、大変遺憾ながら2月26日(水)に予定しておりました国際シンポジウムを2020年度に延期させていただくことになりましたので、お知らせいたします。
新しい日程が決まり次第、改めてお知らせいたします。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 

北海道大学 アイヌ・先住民研究センター

2020年2月21日(金)

【2020年1月23日】ロジャー・ブレンチ先生が来訪されました

2020年1月23日

イギリスのケンブリッジ大学より、ロジャー・マーシュ・ブレンチ先生(言語学)が来訪されました。

研究センタースタッフとの会談では、日本列島における言語の多様性や、アイヌ民族に関する考古学の最新成果など学際的な議論が交わされました。

2020年2月6日(木)

【2019年12月5日】アラスカ訪問団が来訪されました

2019年12月5日

アメリカ合衆国アラスカ州チカルーン村の訪問団が、外務省 青少年交流事業の一環で来訪されました。

アラスカ先住民の言語復興や文化継承活動について、北海道大学の院生も交えて意見交換を行いました。

2020年1月7日(火)

【2019年6月25日】日本犬ぞり連盟会長が来訪されました

2019年6月25日

日本犬ぞり連盟会長の林里紅さまが来訪されました。

スポーツ犬ぞりのレーサーでもある林さまはアラスカに16年間在住経験があり、当センターの近藤祉秋助教と、アラスカ先住民の人々の犬ぞり利用について意見交換をおこないました。

2019年6月27日(木)

【お知らせ】北海道大学大学院文学研究院・大学院文学院・文学部について

2019年4月より、教育組織と研究組織が一体であった「文学研究科」を大学院生が所属する教育組織としての「文学院」と教員が所属する研究組織としての「文学研究院」に分離し、人文社会科学の学際的・総合的な教育の展開を可能にしました。

「人文学専攻」と「人間科学専攻」、多彩な研究分野をより深く柔軟に学べる2専攻体制になり、「人文学専攻」には新たに「アイヌ・先住民学講座」も設置されました。

以下のリンクより、ご覧いただけます。

北海道大学大学院文学研究院・大学院文学院・文学部ウェブサイト
2019年4月16日(火)

※終了しました【シンポジウム】ISNLC2019 北方の言語と文化にかんするシンポジウム

当センター共催のシンポジウムの開催をお知らせします。

ISNLC2019
International Symposium on Northern Languages and Cultures 2019
北方の言語と文化にかんするシンポジウム

北方のフォークロアと言語
シベリアの言語資料採録にかんする諸報告

  • 1日目
  • 2月16日(土)12:50~18:30
  • 2日目
  • 2月17日(日)9:30~11:00
  • 会場
  • 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター403号室
  • 参加無料・申込不要・通訳付き
  • 【主催】
  • 科学研究費基盤研究(B)17H04521
    シベリア少数言語の統語構造に関する類型論的研究:従属節の構造と節連結を中心に
  • 科学研究費基盤研究(B)16H03417
    「混成言語」から見なおすユーラシアの諸言語-言語接触と言語形成の類型を探る-
  • 【共催】
  • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター
  • 【お問い合わせ】
  • 永山ゆかり(nagayama.y[at]slav.hokudai.ac.jp)
    [at]を@に変えてください
2019年1月29日(火)

帯広百年記念館 巡回講座をおこないました。

  • 2019年1月19日(土)14時~16時
  • 帯広百年記念館にて巡回講座をおこないました。

北海道150年の光と影 ~「開拓」の捉え方~

講師:谷本 晃久 教授(北海道大学文学研究科/アイヌ・先住民研究センター)

北海道に広がる美しい農地の風景から何を読み取るか?その影には開拓移住者 の苦労とともに、アイヌ民族の受けた、強制移住やマイノリティ化に伴う社会経 済的不利益の歴史があることを忘れてはなりません。

また、150年前に松浦武四郎の提案した道名・国名に込められた意味を、武四郎 の経歴や志士としてのスタンスを踏まえて検討すると、「アイヌ民族との共生」 という一般的なイメージとはやや異なった姿もみえてきます。

それらを踏まえ、「北海道」150年の歴史をどう振り返り共有していくかについ て考えました。


2019年1月21日(月)

サーバメンテナンスのお知らせ

2018年10月22日(月)17時~10月24日(水)17時の間、サーバメンテナンスのためウェブサイトを停止します。

上記期間はウェブサイトを閲覧できなくなります。ご迷惑おかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

2018年10月19日(金)

IRIS NewsLetter Vol.1(2)

当センター所属の加藤博文教授がコーディネータを務めるIRIS(International Research Networks for Indigenous Studies and Cultural Diversity)「文化的多様性の形成過程の解明を目指す国際先住民研究拠点の構築」の、ニュースレター第2号が発行されました。

画像をクリックするとPDFをご覧いただけます。

2018年10月10日(水)

小内 透 教授 編集「帯広市におけるアイヌ民族の現状と地域住民」

研究成果に小内 透 教授 編集の報告書「帯広市におけるアイヌ民族の現状と地域住民」を掲載しました。 研究成果ページからもご覧いただけます。
2018年7月11日(水)

北海道大学大学院文学院特設ページ

2019年4月より設置予定の、 「北海道大学大学院文学院(Graduate School of Humanities and Human Sciences)」 の特設ページが正式にオープンしております。(下の画像をクリックするとページへ移動します) 「人文学専攻」と「人間科学専攻」、多彩な研究分野をより深く柔軟に学べる2専攻体制になり、新たに「アイヌ・先住民学講座」も設置されます。
2018年6月19日(火)

2018年6月14日台湾より
高雄氏政府原住民事務委員会と原住民族部落大学の皆様

台湾より 陳海雲 氏(高雄氏政府原住民事務委員会 組長) 沙瑪郎大坡 氏(同 専員) 許春美 氏(高雄市原住民族部落大学 傅統織布與服飾設計講師) 王碧霞 氏(同 卑南族服飾制作講師) が当センターを訪問されました。 高雄市の原住民族部落大学の活動や、台湾原住民の織物製作における現状と課題について意見交換をおこないました。
2018年6月15日(金)

IRIS NewsLetter No.1

当センター所属の加藤博文教授がコーディネータを務めるIRIS(International Research Networks for Indigenous Studies and Cultural Diversity)「文化的多様性の形成過程の解明を目指す国際先住民研究拠点の構築」の、ニュースレター第1号が発行されました。 画像をクリックするとPDFをご覧いただけます。
2018年6月4日(月)

2018年5月29日フロリダ国際大学から久保田雅子先生と学生の皆様

フロリダ国際大学から久保田雅子先生と学生の皆様が当センターを訪問されました。 北原准教授からアイヌの宗教と文化・言語の現状を説明し、活発な質疑応答がなされました。
2018年5月30日(水)


ページの先頭へ戻る