これから開催する企画の情報や各種お知らせなどセンターの今を伝えます

イベント情報 - ci=ki kuni p

【2021年10月10日(日)】シンポジウム [記号化される先住民/女性/子ども] を開催します  ※終了しました

※終了

北海道大学 アイヌ・先住民研究センター
2021年度 10月シンポジウム

記号化される先住民/女性/子ども

※終了

[プログラム]
開催挨拶:加藤博文(北海道大学 アイヌ・先住民研究センター長)
趣旨説明:石原真衣(北海道大学 アイヌ・先住民研究センター 助教)
[10:00~10:15]

●第一部

神秘と癒しーアイヌ文化発信の陥穽
北原 モコットゥナㇱ(北海道大学 アイヌ・先住民研究センター 准教授)
[10:15~10:55
]

記号化される台湾先住民:日本殖民主義の認識論と透明な殖民者日本人
中村平(広島大学 大学院人間社会科学研究科 教授)
[10:55~11:35]

記号化による文化遺産の植民地化:収奪される地名・記憶・歴史
加藤博文(北海道大学 アイヌ・先住民研究センター 教授)
[11:35~12:15]

[12:15~13:30] 昼休憩

●第二部

フィクションの暴力とジェンダー:登場人物としての「アイヌ」から考える
内藤千珠子(大妻女子大学 文学部 日本文学科 教授)
[13:30~14:10]

記号が照らすすき間、記号を逃れる本人
――大阪市西成区でのヤングケアラー調査をもとに
村上靖彦(大阪大学 人間科学研究科 教授)
[14:10~14:50]

先住民という記号:日本のダイバーシティ推進における課題と展望
石原真衣(北海道大学 アイヌ・先住民研究センター 助教)
[14:50~15:30]

[15:30~15:45] 休憩

●第三部

討論
[15:45~16:45]

※ タイムテーブルを追記しました。
  記載した時間は変更、遅延する可能性があります。
※ 各登壇者の講演後に10分間程度の質疑応答を予定しています。

[開催方式]
オンライン開催(事前申込制)
参加無料

[日時]
2021年10月10日(日) 10:00 ~ 17:00

[定員]
200名

[受付方法]
こちらの受付フォームにアクセスいただき、
必要事項をご記入の上、お申し込みください。
下のQRコードからもアクセスできます。

 

 

 

 

 

[受付期間]
2021年10月6日(水)24:00まで
※ 受付は終了致しました。何卒ご了承ください。

※ 受付終了の翌日(10月7日[木])及び開催の1時間前に登録メールアドレスへ参加情報が送付されます。
※ 定員に達し次第受付終了となります。
※ 受付終了後の受付は出来かねますので、何卒ご了承ください。

[主催]
北海道大学 アイヌ・先住民研究センター
TEL/FAX:011-706-2859
E-mail:ainu[at]let.hokudai.ac.jp
※ [at]を@に置き換えてください

2021年9月13日(月)


ページの先頭へ戻る