アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

シンポジウム

2008年12月6日、『アイヌ研究の現在と未来:第2部』について、下記の方々に報告していただきました。

アイヌ研究の現在と未来:第2部アイヌ研究の現在と未来:第2部アイヌ研究の現在と未来:第2部アイヌ研究の現在と未来:第2部 2008年12月6日、『アイヌ研究の現在と未来:第2部』について、下記の方々に報告していただきました。 セッション1 [文化人類学] 報告者 佐々木 利和(国立民族学博物館 教授) 「文化人類学は何故アイヌを忌避するか」 コメンテーター 野本 正博(アイヌ民族博物館 学芸員) 本田 優子(札幌大学 教授)   セッション2 [法律学・政治学] 報告者 佐々木 雅寿(北海道大学法学研究科 教授、アイヌ・先住民研究センター) 「先住民族の権利に対するアプローチの仕方 -カナダ憲法を参考にして-」 コメンテーター 阿部 ユポ(北海道ウタリ協会 副理事長) 辻 康夫(北海道大学法学研究科 教授、アイヌ・先住民研究センター)   セッション3 [形質人類学] 報告者 百々 幸雄(北海道文教大学 教授) 「アイヌと縄文人 -日本列島の基層集団-」 コメンテーター 貝澤 和明(北海道ウタリ協会 主任) マーク・ハドソン(西九州大学 准教授)   後援 社団法人北海道ウタリ協会 北大法学研究科高等法政教育研究センター 北大文学研究科北方研究教育センター 会場 北海道大学人文社会科学総合教育研究棟(W棟)2階 W203号室
2008年12月6日(土)

ページの先頭へ戻る