アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

シンポジウム

【終了しました】コレクション形成史からみる日露関係史Ⅱ

2018年6月3日(日)
「日露国際研究集会 コレクション形成史からみる日露関係史Ⅱ― 北の東西交流 ―」
を開催しました。多数様にご来場いただき、ありがとうございました。

シンポジウム記事はこちら


常本 照樹(北海道大学アイヌ・先住民研究センター長)

白木沢 旭児(北海道大学文学研究科北方研究教育センター長)

谷本 晃久(北海道大学文学研究科)

シェプキン,ワシーリー(ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所)

東 俊佑(北海道博物館)

鈴木 建治(国立アイヌ民族博物館設立準備室)

田村 将人(国立アイヌ民族博物館設立準備室)

兎内 勇津流(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター)

鈴木 仁(北海道大学大学院)

佐々木 利和(北海道大学アイヌ・先住民研究センター)

2018年6月4日(月)

【終了しました】「北海道大学アイヌ・先住民研究センター設立10周年記念シンポジウム アイヌ・先住民研究の“これまで”と“これから”」

2018年2月3日(土)「北海道大学アイヌ・先住民研究センター設立10周年記念シンポジウム アイヌ・先住民研究の“これまで”と“これから”」を開催しました。

多数様にご来場いただき、ありがとうございました。

センターから10年間の活動を報告し、それに対して、アイヌ民族から、和人研究者から、台湾から、さまざまな視点・立場からのご報告をいただくことで、センターの活動が評価・検証を受けました。

会場風景

記念撮影

ごあいさつ 常本 照樹(アイヌ・先住民研究センター長)

「センターの設立を振り返る」 中村 睦男(北海道大学名誉教授・元総長)

言語学から 北原 次郎太(アイヌ・先住民研究センター准教授)

言語学から 丹菊 逸治(アイヌ・先住民研究センター准教授)

歴史学から 谷本 晃久(北海道大学大学院文学研究科准教授)

博物館学から 山崎 幸治(アイヌ・先住民研究センター准教授)

社会学から 小内 透(北海道大学大学院教育学研究科教授)

文化遺産学から・考古学から 加藤 博文(アイヌ・先住民研究センター教授)

報告と提言「二風谷のアイヌ工芸とセンター」 貝澤 守(二風谷民芸組合 代表理事)

報告と提言「センターと阿寒の10年 -成果と望むこと」 秋辺 日出男(阿寒アイヌ工芸協同組合 専務理事)

報告と提言「アイヌ民族博物館とセンターの10年」 八幡 巴絵((一財)アイヌ民族博物館 学芸係長)

報告と提言「私とアイヌ・先住民研究センター」 中井 貴規((公財)アイヌ文化振興・研究推進機構 博物館運営準備室 研究員)

報告と提言「フィールドワークと先住民研究のこれから」 佐藤 孝雄(慶応義塾大学 教授)

報告と提言「センターの課題は、どのように達成され、そして進行しているのだろうか」 出利葉 浩司(北海学園大学 客員研究員)

事例報告「政治大学原住民族研究センター10年の発展 -アイヌ・先住民研究センターとの学術交流協定締結から現在までー」 黄 季平(国立政治大学原住民族研究センター 長)(台湾)

事例報告「台湾原住民族政策10年の動向」 林 修澈(国立政治大学名誉教授)(台湾)

「閉会にあたって:アイヌ民族と北海道大学」 長谷川 晃(北海道大学副学長・大学院法学研究科教授)

※名和総長は都合により欠席となりました。


本シンポジウムの紹介記事はこちら

2018年2月7日(水)

シンポジウム「先住民族アイヌと入植植民地北海道①」終了しました

アイヌ・先住民言語アーカイヴプロジェクト 2017 シンポジウム
「先住民族アイヌと入植植民地北海道①」
ー アイヌ史の方法論 ー

終了しました。多数様のご来場、ありがとうございました。

シンポジウム詳細はこちら

2017年7月31日(月)

【終了しました】2017年7月29日(土)シンポジウムを開催します
「先住民族アイヌと入植植民地北海道①」

  • アイヌ・先住民言語アーカイブプロジェクト2017
  • 先住民族アイヌと
    入植植民地北海道①

  • – アイヌ史の方法論 –

※参加無料・申込不要

【発表者】

  • 丹菊 逸治
  • (北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授)
  • 「アイヌ民族の伝統的歴史観と入植植民地北海道」
  • 坂田 美奈子
  • (苫小牧駒澤大学国際文化学部 准教授)
  • 「口承文学からアイヌ・エスノヒストリーを考える
    :村の再生の物語を中心に」
  • マーク・ウィンチェスター
  • (神田外国語大学日本研究所 専任講師)
  • 「アイヌ近現代史の忘却への欲望と歴史修正主義の危機」
  • ディスカッション
  • 司会:丹菊 逸治

日時

  • 2017年7月29日(土)
  • 14:00~17:30(開場13:30)

場所

  • 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)103教室
  • ※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

主催・お問い合わせ

  • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター
  • アイヌ・先住民言語アーカイヴプロジェクト
  • TEL:011-706-3597
  • E-Mail ainu@let.hokudai.ac.jp
2017年7月7日(金)

【終了しました】2016年11月3日(木) サステナビリティ国際シンポジウム
東アジアにおける大学と先住民族との協業のあり方を探る
-先住民文化遺産と考古学: 台湾原住民とアイヌ-

多数様のご来場、ありがとうございました。




北海道大学アイヌ・先住民研究センター 国際シンポジウム2016


東アジアにおける大学と


先住民族との


協業のあり方を探る


– 先住民文化遺産と考古学: 台湾原住民とアイヌ –


北海道と台湾を対比し、アジアの先住民族と考古学の協業のあり方を考える。地域連携、先住民族の権利、知的財産権など、広い視野で意見を交換します。
【事前申込・参加無料・通訳付き】

  • 下のウェブサイトよりお申込みください。
  • 日本語
  • https://huci.oia.hokudai.ac.jp/sw/list
  • english
  • https://huci.oia.hokudai.ac.jp/sw/list?locale=en
    • 【開催日時】

    • 2016年11月3日(木)
    • 9:30~17:30(開場9:20)

      【会場】

    • 北海道大学 学術交流会館 第1会議室
    • ※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

      【コーディネーター】

    • 加藤 博文 (北海道大学アイヌ・先住民研究センター 教授)
    • 【発表者】

    • 吉開 将人 (北海道大学文学研究科 教授)
    • 劉 益昌 (中央研究院歴史語言研究所 研究員)
    • 陳 有貝 (国立台湾大学人類学系 副教授)
    • 青野 友哉 (伊達市噴火湾文化研究所 学芸員)
    • 陳 瑪玲 (国立台湾大学人類学系 教授)
    • 鄭 安睎 (国立台中教育大学区域与社会発展学系 助理教授)

      【主催】

    • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター

      【お問い合わせ】

    • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター
    • 【TEL/FAX】011-706-2859
    • 【E-Mail】ainu@let.hokudai.ac.jp
    • 2016年10月5日(水)

2016年7月10日 国際シンポジウムを開催しました
コレクション形成史からみる日露関係史

7月10日(日)に、日露国際研究集会『コレクション形成史からみる日露関係史 –
ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所所蔵アイヌ・北方関係史料の共同研究-』

を開催しました。
アイヌ研究推進のためには、海外の研究者との対話が不可欠なことも改めて認識されました。

多数様のご来場、ありがとうございました。

以下、シンポジウムお知らせ記事です。


Hokkaido University CAIS International Symposium 2016

日露国際研究集会
コレクション形成史からみる日露関係史
-ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所(IOM)所蔵アイヌ・北方関係史料の共同研究-

ロシア・サンクトペテルブルクに所在する科学アカデミー東洋古籍文献研究所(IOM)には、多くの近世・近代アイヌ・北方関係資料が所蔵されています。近年、北海道大学アイヌ・先住民研究センターとIOMとの国際的な共同研究により、その価値と魅力が明らかとなりつつあります。

今回はこのうち、日本領時代の樺太旧蔵書や近世の露米会社関係資料、あるいは明治期のグリゴーリエフ蒐集資料に焦点をあて、コレクション形成史の観点から、考えをめぐらせてみたいと思います。

【入場無料・申込不要・日本語での発表です】


  • 【主催者挨拶】 蓑島 栄紀(北海道大学アイヌ・先住民研究センター)
  • 【プロジェクト代表挨拶】 保谷 徹(東京大学史料編纂所)
  • 【研究の経緯】 谷本 晃久(北海道大学文学研究科)

【第一部】樺太旧蔵書のゆくえ

  • IOM所蔵の旧樺太庁所蔵日本古典籍のコレクションについて
  • マランジャン・カリネ(ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所)
  • IOM所蔵の樺太旧蔵書について―旧樺太文化史研究の視点から―
  • 鈴木 仁(北海道大学大学院)
  • 北海道における樺太旧蔵書について
  • 田村 将人(東京国立博物館)

【第二部】IOM所蔵アイヌ・北方関係史料の
コレクション形成史とその周辺

  • 露米会社と日本の北方地域
  • 兎内 勇津流(北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター)
  • IOM所蔵の露米会社・フヴォストフ旧蔵日本古典籍コレクションについて
  • シェプキン・ワシーリー(ロシア科学アカデミー東洋古籍文献研究所)
  • 日本におけるフヴォストフ事件関係史料
  • 東 俊佑(北海道博物館)
  • 在サンクトペテルブルクのA.V.グリゴーリエフ・コレクションについて
  • 鈴木 建治(北海道大学国際本部)
  • IOM所蔵アイヌ・北方関係史料の魅力
  • 佐々木 利和(北海道大学アイヌ・先住民研究センター)

【日時・場所】

  • 2016年7月10日(日) 10:00~17:00(開場9:30)
  • 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)
  • 1階 W103教室
  • ※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用ください。

【主催・お問い合わせ】

【共催】

  • 東京大学史料編纂所海外S科研(研究代表者:保谷徹)
    ロシアⅢユニット(研究分担者:谷本晃久)
  • 北海道大学文学研究科北方研究教育センター
2016年7月12日(火)

【終了しました】サステナビリティシンポジウム2015「地域社会へ与える考古学の影響」

11月7日(土)・8日(日)の二日間にわたり、サステナビリティシンポジウム2015『地域社会へ与える考古学の影響 -ポストコロニアル時代の考古学と先住民コミュニティ-』を開催しました。

幅広い見地から考古学と先住民社会、地域社会との関係を考える良き機会と成りました。また北海道外への議論の展開の必要性が改めて認識されました。





2015年11月7日・8日 サステナビリティシンポジウム
『地域社会へ与える考古学の影響-ポストコロニアル時代の考古学と先住民コミュニティ-』

2015年11月11日(水)

【2015年1月24日・25日】ISNLC2015
北方の言語と文化にかんする国際シンポジウム

2015年1月24日(土)・25日(日)に開催されました。当センターは共催として会場設営をお手伝いし、また当センターからも3名講演者として発表しました。

紹介記事はこちら

2015年2月2日(月)

【終了しました】【2015年1月24日・25日】ISNLC2015
 北方の言語と文化にかんする国際シンポジウム

– International Symposium on Northern Languages and Cultures –

2015年1月24日・25日の2日間、ISNLC2015北方の言語と文化にかんする国際シンポジウムを開催します。(ポスターはこちら)2015年1月24日・25日ISNLC2015北方の言語と文化にかんする国際シンポジウム


北方の言語と文化にかんする国際シンポジウムのロゴ【期日】

  • 2015124日(土)・25日(日)

  • 【場所】
  • 北海道大学情報教育館3階
  • スタジオ型多目的中講義室
  • (北海道札幌市北区北17条西8丁目)

  • 【参加無料・事前申込不要】

 

1/24[Sat]10:00~16:50

Session1(10:10~12:00)
言語・文化継承とドキュメンテーション(通訳つき)

1. ウラジスラフ・リンティテギン (チュクチ総合カレッジ)

2. ワレンチン・グセフ (ロシア語アカデミー言語学研究所)

Session2(13:30~16:50)
民族誌の言語資料

3. 永山 ゆかり (北方研究教育センター)

4. 丹菊 逸治 (アイヌ・先住民研究センター)

5. 長崎 郁 (国立国語研究所)

6. 江畑 冬生 (新潟大学)

7. 松本 亮 (京都大学)

8. 山田 敦士 (日本医療大学)

 

1/25[Sun]10:30~17:00

Session3(10:30~12:00)
言語の記録・保存

1. 白石 英才 (札幌学院大学)

2. 白 尚燁 (文学研究科博士課程)

3. 津曲 敏郎 (北方研究教育センター)

Session4(13:30~16:50)
アイヌ文学とアイヌ語

4. 矢崎 春菜 (文学研究博士課程)

5. 北原 次郎太 (アイヌ・先住民研究センター)

6. 奥田 統己 (札幌学院大学)

7. 岸本 宜久 (文学研究科博士課程)

8. 高橋 靖以 (アイヌ・先住民研究センター)

9. 佐藤 知己 (北方研究教育センター)

 


2014年12月25日(木)

【終了しました】国際シンポジウム2014
先住民文化遺産とツーリズム -文化的景観と先住民遺産をめぐる諸問題-

Cultural Landscape and Indigenous Heritage

【日時】20141220日(土)・21日(日) 

【会場】北海道大学 学術交流会館 小講堂

※参加無料・申込不要・通訳付

※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。



人間の営みは、その生活する環境に大きな影響を及ぼしてきました。現在、私たちをとりまく景観にも、そこに生きた人々の様々な関与の痕跡が残されています。本シンポジウムでは、持続可能な資源管理の側面から近年注目を集めている先住民社会における景観利用について、スウェーデン、アメリカ北西海岸、旭川、平取、白老の事例を参照しながら広く議論します。また、先住民文化遺産の特質と、その保護・管理方法のあり方、そして地域資源として活かす可能性について検討します。

文化的景観と先住民遺産をめぐる諸問題(PDF 264KB)

が創り出す文化的景観

1220日(土)13:0017:00(開場 12:30)

【講演者】
  • ニール・プライス (ウプサラ大学考古学部 教授)
  • カール=ゴスタ・オジャラ (ウプサラ大学考古学部 講師)
  • 友田 哲弘 (旭川市博物館 学芸員/主査)
  • 吉原 秀喜 (平取町アイヌ施策推進課 主幹/学芸員)

が創り出す文化的景観

1221日(日)10:0016:00(開場9:30)

【講演者】
  • スヴェン・ハーカンソン (ワシントン大学バーク博物館 准教授)
  • リック・ネヒト (アバディーン大学考古学部 講師)
  • 八幡 巴絵 (アイヌ民族博物館 学芸員)


【問い合わせ先】

北海道大学 アイヌ・先住民研究センター

2014年11月28日(金)

【開催しました】- 国際シンポジウム2014 –
台湾原住民族の現在(10月25日)
地域における先住民族文化振興の現状と展望(10月26日)

台湾よりゲストをお招きし、国際シンポジウムを開催しました。

【1日目】10月25日 10時00分~17時30分(開場9時30分)

北海道大学アイヌ・先住民研究センター 主催

国際シンポジウム2014<台湾原住民族の現在>

【会場】北海道大学 人文・社会科学総合教育研究棟(W棟)4階 409教室

【お問い合わせ】

北海道大学 アイヌ・先住民研究センター

TEL/FAX: 011-706-2859 ・ E-Mail: ainu@let.hokudai.ac.jp

<台湾原住民族の現在>ポスターはこちら(329KB)


【講演者・講演内容】
林江義:行政院原住民族委員会主任委員(原住民族省大臣)

<台湾原住民族政策の現状>


林修澈:国立政治大学原住民族研究センター長

<台湾原住民族の伝統名回復と登記>


黄季平:国立政治大学民族学科准教授

<台湾で新たに認定された二つの民族>


王慧玲:台湾原住民族文化公園管理局長

<台湾原住民族文化公園による文化観光の発展戦略>


蔡宜静:台湾原住民族文化公園専門員

<台湾原住民族地方文化館の管理戦略>


藍旻瑩:高雄市政府原住民事務委員会事務局長

<ブヌン族文物館の変遷–苦境における発展の追求>


謝玉忠:花蓮県瑞穂郷奇美原住民文物館企画員

<アミ族の古謡>


【2日目】10月26日(日) 14時15分~16時55分(開場14時00分)

北海道大学アイヌ・先住民研究センター・サテライト特別講座/シシリムカ文化大学共催

国際シンポジウム2014
<地域における先住民族文化振興の現状と展望>

【会場】沙流川歴史館レクチャーホール 北海道沙流郡平取町二風谷227-2

【お問い合わせ】

北海道大学 アイヌ・先住民研究センター

TEL/FAX: 011-706-2859 ・ E-Mail: ainu@let.hokudai.ac.jp

平取町アイヌ施策推進課(役場) TEL: 01457-2-2341

文化環境保全調査室(アイヌ文化情報センター内) TEL:01457-2-6011

<地域における先住民族文化振興の現状と展望>ポスターはこちら(170KB)

【講演者・講演内容】
『平取町における先住民族文化振興の取組』

平取アイヌ協会

アイヌ民族の地域組織の立場から<行政と連携した文化振興の展開>


平取町アイヌ施策推進課

地方自治体としての立場から<アイヌ文化振興基本計画と持続的産業創出>


 

『台湾における先住民族文化振興の取組』

呉明季:花蓮県瑞穂郷奇美文物館長

<奇美文物館エコミュージアムの発展と展望>


何鳳美:屏東県獅子郷文物陳列館企画員

<歴史文献に基づく創造的文化産業ビジネス>


2014年10月3日(金)

国際シンポジウム2014 『ハワイ先住民の現在』 開催しました

2014年9月27日(土) 国際シンポジウム2014『ハワイ先住民の現在』 を開催しました。

講演者
シェリー・ブローダー 氏

(弁護士,ハワイ大学ロー・スクール非常勤講師)
メロディ・カビリアロハ・マッケンジー 氏
(ハワイ大学先住民法研究センター長)

日 時
9月27日(土)13:30~17:30(開場 13:00)

会 場
ACU(アキュ
)中研修室 1206
(札幌市中央区北4条西5丁目 『アスティ45』12階)

※北大構内ではありませんのでご注意ください。

主 催
北海道大学アイヌ・先住民研究センター

(さらに…)

2014年8月20日(水)

2014年3月23日、ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』を開催しました。

湯京平(国立政治大学社会科学院副院長、政治学系教授)孫振義(国立政治大学地政学系准教授)陳彥安(国立政治大学地政学系研究生)陳建宏(国立政治大学地政学系研究生)蘇芳儀(国立政治大学地政学系研究生)ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』甯方璽(国立政治大学地政学系助教)蔡名曜(国立政治大学地政学系研究生)曾正男(国立政治大学応用数学系助教)官大偉(国立政治大学民族学系助教)ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』王雅萍(国立政治大学民族学系准教授)宋神財(台湾国家科学委員会計画顧問)宋峻杰(国立政治大学非常勤研究員)ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』
写真をクリックすると画像が拡大されます。

2014年3月23日、ワークショップ『先住民族コミュニティの発展への大学の貢献』を開催しました。
(さらに…)

2014年3月23日(日)

2014年1月28日~29日、国際ワークショップ『伝統知、記憶、情報、イメージの再収集と共有――民族誌資料を用いた協働カタログ制作の課題と展望』を行いました。

国立民族学博物館における国際ワークショップ-1国立民族学博物館における国際ワークショップ-2国立民族学博物館における国際ワークショップ-3

2014年1月28日~29日、国立民族学博物館にて国際ワークショップ『伝統知、記憶、情報、イメージの再収集と共有――民族誌資料を用いた協働カタログ制作の課題と展望』を行いました。

(さらに…)

2014年1月29日(水)

2014年1月26日、国際シンポジウム『アイヌ・アートが担う新たな役割 ―米国先住民アートショーに学ぶ』を行いました。

山崎幸治(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授)伊藤敦規(国立民族学博物館 助教)ロバート・ブルーニグ(北アリゾナ博物館 館長)ジム・イノート(ズニ博物館 館長)右側:オクテイビアス・シオゥテワ(ズニ宝飾品作家・宗教的指導者)貝澤和明(社団法人北海道アイヌ協会 民・工芸品担当)コメントおよびディスカッション『アイヌ・アートが担う新たな役割 ―米国先住民アートショーに学ぶ』『アイヌ・アートが担う新たな役割 ―米国先住民アートショーに学ぶ』

2014年1月26日、国際シンポジウム『アイヌ・アートが担う新たな役割 ―米国先住民アートショーに学ぶ』を行いました。

(さらに…)

2014年1月26日(日)


ページの先頭へ戻る