これから開催する企画の情報や各種お知らせなどセンターの今を伝えます

イベント情報 - ci=ki kuni p

2018年9月22日(土)ジェイムズ・クリフォード氏講演会

  • Indigeneity Today: The Historical Conjuncture
  • 今日の先住民性――歴史的状況

【講演者】

  • James Clifford (University of California, Santa Cruz. Distinguished Professor)
  • ジェイムズ・クリフォード 氏
  • (カリフォルニア大学サンタ・クルーズ校・特別功労教授)
  • 通訳:太田 好信(九州大学大学院比較社会文化研究院・教授)

【要 旨】

1980年代以降、「先住民性」を社会、文化、政治運動の緩やかな集合体として考えたとき、それはトランス・ナショナルな存在として出現したといえる。この出現により、コロニアリズムの歴史が姿を変え、活発に継続していることが認識可能になる。時間としての均質さを欠く現在において、これまでとは異なった過去、そして予定調和的ではない未来を想像するのは、喫緊の政治課題の一つといえよう。しかし、その課題は、ナショナルであり、そしてトランス・ナショナルでもある支配と転覆、占有と翻訳という諸関係のなかに必然的に絡み取られている。土着と呼ばれている人びとは、都市に生活し、そして大陸と大陸との狭間に生きる。この講演では、ネオ・リベラル資本のネットワークに参加しつつも、それに挑戦し、それを超える先住民的実践を十分に説明できる歴史的「リアリズム」の可能性を、わたしは模索してみたい。

【日 時】

  • 2018年9月22日(土)
  • 13:30~15:30(開場13:00)

【場 所】

  • 北海道大学人文・
    社会科学総合教育研究棟(W棟)
  • 2階 W203教室
  • (札幌市北区北10条西7丁目 北海道大学構内)
  • ※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

参加無料・申込不要・逐次通訳

【主催・お問い合わせ】

このたびのジェイムズ・クリフォード博士の来日に際し、上記の講演会に続いて、福岡で開催されるWSSF 2018(World Social Science Forum 2018)での学会発表および、大阪の国立民民族学博物館での講演が予定されております。詳細は、各HPをご参照ください。

2018年8月6日(月)

ページの先頭へ戻る