2015年5月のアーカイブ

「白糠町におけるアイヌ民族の現状と地域住民」PDFデータの公開

「白糠町におけるアイヌ民族の現状と地域住民」PDFデータを公開致します。

こちらからご覧下さい。2015年の欄にございます。

2015年5月26日(火)

終了しました 6月12日講演会】
アイヌの歌人・違星北斗の生涯とその思想の変化について">【終了しました 6月12日講演会】
アイヌの歌人・違星北斗の生涯とその思想の変化について

講演の様子 山科 清春 氏

ご来場ありがとうございました。非常に内容の濃いご講演をしてくださり、時間いっぱいお話いただいてもまだまだ聞きたいというご来場者の方々の声を多数いただきました。


 


違星北斗研究会代表の山科 清春 氏をお招きし、講演していただきます。
【概要】
余市町出身のアイヌの歌人・違星北斗(いぼしほくと 1901~1929)の生涯と活動について紹介します。違星は小学校卒業後、漁業や出稼ぎ労働に従事しながら、アイヌ青年の修養団体結成にかかわるなどアイヌの地位向上に向けた活動を開始し、上京・帰郷によって多くの人々を知る中で思想上の転機を経験しました。本講演では、違星が活動した時代背景や作品を理解する上でのポイントを分かりやすく紹介していただきます。

【PDF】ちらし アイヌの歌人・違星北斗の生涯とその思想の変化について


  • 日時:2015612日()18:00開場 18:30~20:00
  • 会場:北海道大学
    人文・社会科学総合教育研究棟 (W棟) 202教室
  • 講師:山科 清春(違星北斗研究会代表)
  • 参加無料・申込不要
  • ※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください

  • 【主催・お問い合わせ】
  • 北海道大学アイヌ・先住民研究センター
  • TEL/FAX 011-706-2859
  • E-Mail ainu@let.hokudai.ac.jp
2015年5月20日(水)

『北海道アイヌ民族生活実態調査報告の概要』を公開いたします

【PDF】北海道アイヌ民族生活実態調査報告の概要(1.6メガバイト)

これは、2014年度に北海道環境生活部アイヌ政策推進室の設置した「アイヌ生活向上推進方策検討会議」において第3次推進方策のあり方を検討するにあたり、北海道が2013年度に実施した『北海道アイヌ生活実態調査報告書』だけでなく、当センターが2008年から2011年にかけて実施した『北海道アイヌ民族生活実態調査報告書』も参考にするべきとの意見があったため、同検討会議の委員を務めていた当センターの落合研一准教授が報告書全3冊の内容をまとめなおして同検討会議に提出したものです。


当ホームページでも『北海道アイヌ民族生活実態調査報告書 その1』と『同報告書 その2』、『その3』の全文を既に公開しておりますが、いずれも200頁ほどあるため、すべてを通してお読みいただくのはかなり大変です。


本概要では、報告書全3冊の内容が30頁にまとめられていますので、まずこちらをお読みいただくのが便利だと思います。


北海道アイヌ民族生活実態調査報告書(全文)はこちらからご覧になれます。

2015年5月12日(火)


ページの先頭へ戻る