これから開催する企画の情報や各種お知らせなどセンターの今を伝えます

イベント情報 - ci=ki kuni p

2015年11月7日・8日 サステナビリティシンポジウム
『地域社会へ与える考古学の影響-ポストコロニアル時代の考古学と先住民コミュニティ-』

北海道大学サステナビリティウィーク2015 国際シンポジウムを開催します。

地域社会へ与える考古学の影響-ポストコロニアル時代の考古学と先住民コミュニティ-

参加無料・申込不要・通訳付き

■開催日時 2015年

117日() 13:0017:30(開場 12:30)

118日() 10:0017:30(開場 9:30)

■会場

北海道大学 学術交流会館 講堂

■発表者
  • George Nicholas(Simon Fraser University)
  • Susan Rowley(University of British Columbia)
  • Carl-Gosta Ojala(University of Uppsala)
  • 陳 瑪玲(国立台湾大学)
  • Rick Knecht(University of Aberdeen)
  • 小野 哲也(標津町教育委員会)
  • 大西 秀之(同志社女子大学)
  • 森岡 健治(平取町沙流川歴史館)
  • 長野 環(平取町アイヌ文化保全対策室)
■お問い合わせ先

【主催】北海道大学 アイヌ・先住民研究センター

TEL:011-706-2859 E-Mail: ainu@let.hokudai.ac.jp

【共催】北海道大学 観光学高等研究センター

【後援】世界考古学会議京都大会実行委員会(WAC-8 JAPAN)

※以下のウェブサイトでもご紹介しています。

http://sustain.oia.hokudai.ac.jp/sw/jp/2015/archaeology/


■サステナビリティウィークとは(http://sustain.oia.hokudai.ac.jp/sw/jp/)

サステナビリティ・ウィークとは、「持続可能な社会」の実現に寄与する研究と教育を推進させるために北海道大学が主催する事業です。

約2週間を「サステナビリティ・ウィーク」と定め、人類が抱える諸課題をテーマにしたシンポジウムや講演会、ワークショップや展示を集中的に開催し、世界の研究者、学生、市民と共に、より良い未来のために議論を行います。

2007年に産声を上げ、毎年全学を挙げて開催しています。とりわけ研究型・総合大学としての特徴を活かし、議題はあらゆる学問分野に及び、持続可能な社会を議論するのに必要な課題をほぼ網羅しています。

2015年10月6日(火)

ページの先頭へ戻る