2014年11月のアーカイブ

【終了しました】国際シンポジウム2014
先住民文化遺産とツーリズム -文化的景観と先住民遺産をめぐる諸問題-

Cultural Landscape and Indigenous Heritage

【日時】20141220日(土)・21日(日) 

【会場】北海道大学 学術交流会館 小講堂

※参加無料・申込不要・通訳付

※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。



人間の営みは、その生活する環境に大きな影響を及ぼしてきました。現在、私たちをとりまく景観にも、そこに生きた人々の様々な関与の痕跡が残されています。本シンポジウムでは、持続可能な資源管理の側面から近年注目を集めている先住民社会における景観利用について、スウェーデン、アメリカ北西海岸、旭川、平取、白老の事例を参照しながら広く議論します。また、先住民文化遺産の特質と、その保護・管理方法のあり方、そして地域資源として活かす可能性について検討します。

文化的景観と先住民遺産をめぐる諸問題(PDF 264KB)

が創り出す文化的景観

1220日(土)13:0017:00(開場 12:30)

【講演者】
  • ニール・プライス (ウプサラ大学考古学部 教授)
  • カール=ゴスタ・オジャラ (ウプサラ大学考古学部 講師)
  • 友田 哲弘 (旭川市博物館 学芸員/主査)
  • 吉原 秀喜 (平取町アイヌ施策推進課 主幹/学芸員)

が創り出す文化的景観

1221日(日)10:0016:00(開場9:30)

【講演者】
  • スヴェン・ハーカンソン (ワシントン大学バーク博物館 准教授)
  • リック・ネヒト (アバディーン大学考古学部 講師)
  • 八幡 巴絵 (アイヌ民族博物館 学芸員)


【問い合わせ先】

北海道大学 アイヌ・先住民研究センター

2014年11月28日(金)

無料公開連続セミナー『アイヌを学ぶ』(2014年度)を行いました。

無料公開連続セミナー『アイヌを学ぶ3ヶ月』(2014年度)を行いました。

開催場所:北海道大学

  • 6月3日~7月29日 初級講座
    1. 6月3日 北原 次郎太 准教授 「アイヌ民族の宗教文化」
    2. 6月10日 山崎 幸治 准教授 「モノから見るアイヌ文化1」
    3. 6月17日 山崎 幸治 准教授 「モノから見るアイヌ文化2」
    4. 6月24日 丹菊 逸治 准教授 「やさしいアイヌ語・アイヌ文学1」
    5. 7月1日 丹菊 逸治 准教授 「やさしいアイヌ語・アイヌ文学2」
    6. 7月8日 加藤 博文 教授 「考古学から見たアイヌ文化の成立過程」
    7. 7月15日 蓑島 栄紀 准教授 「史料からみたアイヌ民族の古代・中世交流史」
    8. 7月22日 落合 研一 准教授 「アイヌ民族の法的立場1」
    9. 7月29日 落合 研一 准教授 「アイヌ民族の法的立場2」
  • 9月2日~10月28日 上級講座
    1. 9月2日 佐々木 利和 客員教授「アイヌを描いた絵から分かること」
    2. 9月9日 北原 次郎太 准教授「宗教を通して見る北方文化の中のアイヌ文化」
    3. 9月16日 高橋 靖以 博士研究員「アイヌ語のなかの多様性」
    4. 9月30日 蓑島 栄紀 准教授『えぞ』の成立とその背景
    5. 10月7日 長沼 正樹 特任助教「アイヌと北海道考古学⑴」
    6. 10月14日 加藤 博文 教授「アイヌと北海道考古学⑵」
    7. 10月21日 丹菊 逸治 准教授「アイヌ口承文学を分析・解釈する」
    8. 10月28日 常本 照樹 教授「先住民族と政策」

※2014年度は終了いたしました

2014年11月5日(水)


ページの先頭へ戻る