「活動記録」では紹介しきれなかったアイヌ・先住民研究センターの活動を紹介します

ライブラリー - pu

2014.6.19 国立政治大学呉学長はじめ6名、当センターを表敬訪問

国立政治大学(台湾)と北海道大学との大学間交流協定調印式が 札幌において開催されました。 それに伴い、呉思華学長夫妻、詹志禹教務長夫妻をはじめ 国立政治大学の関係者6名が当センターを表敬訪問してくださいました。 当センターは、発足当初の2007年に国立政治大学の原住民族研究センターと 部局間交流協定を締結し、学術的交流を継続してきました。 このような経緯もあって、呉学長をはじめ訪問いただいた皆さんから、 アイヌ民族の実情等について、熱心な質問をいただきました。 当センターからは、常本照樹センター長、佐々木利和客員教授、 小内透教授、北村嘉恵准教授、落合研一准教授が参加し、 文化、政治、教育等の分野にわたって懇談するとともに、 両大学の研究センターの学術的交流をさらに深めていくことが重要である との認識で一致しました。 懇談の様子懇談の様子呉学長より記念品贈呈国立政治大学の皆さんと記念撮影 写真をクリックすると画像が拡大されます。
2014年6月19日(木)

ページの先頭へ戻る