アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

シンポジウム

2014年1月28日~29日、国際ワークショップ『伝統知、記憶、情報、イメージの再収集と共有――民族誌資料を用いた協働カタログ制作の課題と展望』を行いました。

国立民族学博物館における国際ワークショップ-1国立民族学博物館における国際ワークショップ-2国立民族学博物館における国際ワークショップ-3

2014年1月28日~29日、国立民族学博物館にて国際ワークショップ『伝統知、記憶、情報、イメージの再収集と共有――民族誌資料を用いた協働カタログ制作の課題と展望』を行いました。

国際ワークショップ『伝統知、記憶、情報、イメージの再収集と共有――民族誌資料を用いた協働カタログ制作の課題と展望』
International Workshop
Re-Collection and Sharing Traditional Knowledge, Memories, Information, and Images:
Problem and the Prospects on Creating Collaborative Catalog

日時、会場
1月28日(火)国立民族学博物館 収蔵庫 9:00~17:00
1月29日(水)国立民族学博物館 第4セミナー室 13:00~17:30

主催:国立民族学博物館
共催:北海道大学アイヌ・先住民研究センター

1月28日(火)【収蔵庫での資料熟覧】
時間:9:00~17:00
場所:国立民族学博物館 収蔵庫(1階)

1月29日(水)【研究発表とディスカッション】 ※日英同時通訳あり
時間:13:00~17:30
場所:国立民族学博物館 第4セミナー室

開会挨拶 須藤健一(国立民族学博物館長)
趣旨説明 伊藤敦規(国立民族学博物館研究戦略センター助教)

発表 
岸上伸啓(国立民族学博物館副館長)
野林厚志(国立民族学博物館研究戦略センター教授)
ジム・イノート(ズニ博物館 館長)
オクテイビアス・シオゥテワ(ズニ宝飾品作家・宗教的指導者)
ロバート・ブルーニグ(北アリゾナ博物館 館長)

コメント
福岡正太(国立民族学博物館文化資源研究センター准教授)
山﨑幸治(北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授)

閉会挨拶 伊藤敦規(国立民族学博物館研究戦略センター助教)



詳細は下記をご覧ください(国立民族学博物館ホームページ)
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/20140128-29

2014年1月29日(水)

ページの先頭へ戻る