アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

講演会

2012年8月22日、阿部彩氏講演会『現代社会における貧困と社会的排除:先住民研究との接点』を行いました。

2012年8月22日、阿部彩氏講演会『現代社会における貧困と社会的排除:先住民研究との接点』を行いました。
阿部 彩 氏会場の様子

講師 阿部 彩(国立社会保障・人口問題研究所 社会保障応用分析研究部 部長) 日時 8月22日(水)18:00~20:00(開場17:30) 会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W棟203教室 共催 北海道大学アイヌ・先住民研究センター 北海道アイヌ協会
多くの人が現代日本において貧困は解消されたと思ってきた。「1億総中流」などという言葉が流行語となり、日本社会は均一な「中流」社会と信じられてきた。 近年、格差論争が起こった時でさえ、日本の中にかつてから存在する不平等についての議論は殆どなかったといってもよい。 しかし、ヨーロッパ諸国においては、社会的排除という新しい概念で従来からのさまざまな「格差」を捉え直し、政策を練り直す動きが始まっている。 本報告は、社会的排除という概念を用いて日本の社会政策を今一度見つめ直し、これまで淡々と続けられてきた先住民研究との接点を探るものである。
講演会ポスターはこちら(PDFデータ 490キロバイト)
2012年8月22日(水)

ページの先頭へ戻る