アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

シンポジウム

2011年3月6日、アイヌ・先住民研究センター共催シンポジウム『今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-』について、下記の方々に報告していただきました。

今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして- 2011年3月6日、アイヌ・先住民研究センター共催シンポジウム『今、アイヌであること -共に生きるための政策をめざして-』について、下記の方々に報告していただきました。 開会挨拶 山本 真鳥 (日本学術会議会員、地域研究委員会人類学分科会委員長、法政大学教授) 講演 本多 俊和【世界の先住民族、日本の先住民族】 佐々木 利和 【一つの列島、二つの国、三つの文化】 常本 照樹【アイヌ政策と多文化共生】 篠田 謙一【アイヌ民族の自然人類学研究とその課題】 原田 公久枝 丸子 美記子 コメンテーター 加藤 忠 (北海道アイヌ協会理事長) 窪田 幸子 (日本学術会議連携会員、神戸大学教授) 会場 法政大学市ヶ谷キャンパス58年館(富士見校舎)844号室
2011年3月6日(日)

ページの先頭へ戻る