アイヌ・先住民研究センターが、これまでに開催したシンポジウム・講演会・セミナーなどの様子を紹介します

シンポジウム

2010年10月24日、『日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-』について、下記の方々に報告していただきました。

日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-

2010年10月24日、『日本型先住民族政策の可能性-海外からの視点-』について、下記の方々に報告していただきました。


午前の部
Lansman Anne Marjut(ランスマン アンネ マリウトゥ)
【フィンランドにおけるサーミ政策】
Lindsay G.Robertson(リンゼイ・ロバートソン)
【米国先住民法と2009年アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会報告書】
午後の部
林 志興(リン・チーシン)
【台湾における原住民政策の展開について】

コメント及びディスカッション

 
主催
北海道大学アイヌ・先住民研究センター

会場
ACU(アキュ・大学共同利用施設)アスティ45ビル(札幌駅地下直結)
16階大研修室1614 札幌市中央区北4条西5丁目

2010年10月24日(日)

ページの先頭へ戻る